豆知識・便利情報

よみうりランドでワンデーパスかひよこパスかで迷った時の判断基準

この記事では、よみうりランドでひよこパスを買うかワンデーパスを買うか迷ってしまった方の為に、私なりの判断基準を書いていきたいと思います。

よみうりランドに子連れで行きたいって考えた時に、

「ひよこパス」と「ワンデーパス」の2種類の券種があって迷ってしまいますよね。

「ひよこパス」買っちゃって、対象外のアトラクション乗りたいって言われたらどうしよう?

とか

「うちの子、絶叫系は全く乗れないから、ひよこパスでも大丈夫かしら?」と迷っている方の為に、私なりの判断基準をお伝えしていきたいと思います。

ひよこパスとワンデーパスの料金比較

まずは、ひよこパスとワンデーパスの料金確認から。

割引の手段などもありますが、定価購入の場合はこんな金額になっています。

券種ひよこパスワンデーパス
おとな3,800円5,400円
中高生3,300円4,300円
3歳~小学生3,000円3,800円
65歳以上3,300円4,500円

特におとなの場合、ワンデーパスとひよこパスでは1,600円もの差額があるので、悩みどころですね。

ひよこパスで乗れないアトラクションは何がある?

ひよこパスは、絶叫系・スカイサイクル・キャンパスチャレンジなど、

主に110cm以上の身長制限を設けているものは乗ることができません。

ですので、身長110cm以上で

絶叫系やカスタムガレージ、キャンパスチャレンジなどにトライしてみたい場合はワンデーパス1択で良いでしょう。

 

しかし、例外的に2~3歳の子でも利用できるのにひよこパス利用不可のアトラクションが2つあるんですね。

それが、ちえくらべ「たまゴロー」とSKYパトです。

ちえくらべ「たまゴロー」は3歳から、SKYパトは2歳から利用可能なのですが、

なぜかひよこパスが使えないんですよね。

ひよこパスで入場して上記のアトラクションを利用する場合には、それぞれ600円の乗り物券が必要になります。

この2つ、どちらも中毒性が高いらしく、佐藤家の娘達は行く度2回ずつくらいやりたがります(笑)

特にちえくらべ「たまゴロー」は他の遊園地には無いオリジナリティーあふれるアトラクションなので、

「次はいつ来られるか分からない」という方にはぜひ体験してみていただきたいアトラクションなんです(#^^#)

ちえくらべ「たまゴロー」とSKYパトの紹介記事を書いていますので、良かったら参考にしてみてください。

ひよこパスかフリーパスの判断基準まとめ

  • 身長110cm以上で絶叫系挑戦するなら迷わずフリーパス
  • 身長110cm以下でもちえくらべ「たまゴロー」やSKYパトに乗るならフリーパス
  • ちえくらべ「たまゴロー」やSKYパト利用予定がなく、身長110cm未満ならひよこパスで大丈夫

個人的には一度たまゴローやSKYパトの魅力にハマってしまうと、2度とひよこパスに戻れなくなってしまうので
(佐藤家はこのパターンです)

年に1~2回行ける距離にお住まいなら、

お子さんが2~3歳のうちはグッジョバエリアまで足を伸ばさずひよこパスで十分かな?と思っています。

太陽の広場周りの小さなアトラクションや、ショー・イベントなどに参加するだけでも十分1日満喫できますよ♪

ひよこパスを割引で購入する方法については、下記記事をご参照ください。

その他、こに記事を読まれた方へのおすすめの記事はこちらです。

他にもよみうりランドに関して「こんな情報が欲しい」「おすすめの○○ありますか?」などの質問がありましたら、質問フォームよりご連絡ください。

私に分かる範囲で、ブログ内で回答させていただきます(#^^#)

最後までお読みいただきありがとうございました。

直前購入可能 ジュエルミネーションに待たずに入場できる電子チケット販売開始

よみうりランドジュエルミネーションにそのまま入場できるチケットの販売が開始されました。

パソコンやスマホから今すぐ購入できる電子チケットです。

購入方法はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です