おすすめモデルコース

遊園地は妊娠中に行っても大丈夫?よみうりランドで乗車可能アトラクションや注意点

この記事では、妊娠中の遊園地の楽しみ方や、よみうりランドで妊娠中でも乗車可能なアトラクションについて解説しています。

妊娠中に遊園地に行きたいと思うことや、行く必要に迫られるという場面、ありますよね。

例えば、

  • 遊園地で自分の行きたいイベントが開催されている
  • 赤ちゃんが生まれる前に旦那さんと2人きりでの思い出作りをしたい
  • 赤ちゃんが生まれる前に上の子との思い出を作りたい
  • 上の子の幼稚園や保育園で遊園地親子遠足が開催される

などなど、行きたい理由・必要に迫られる理由は人それぞれだと思います。

しかし、妊娠中に遊園地へ行くのは、不安な部分も多いですよね。

アトラクションの利用が出来るのかどうかも気になるところです。

そこで、よみうりランドで妊娠中でも利用OKなアトラクションを徹底的に調べてきました。

私自身が次女を妊娠中に上の子を連れて行った経験を基にした注意点なども書いていきたいと思います。

よみうりランド以外の遊園地へ行かれる予定の方も参考にしていただけたら幸いです。

遊子
遊子
ということで今回は、妊娠中の遊園地の楽しみ方や注意点について書いてくよー!

妊娠中に遊園地に行っても大丈夫?

妊娠中でも、遊園地へ入場すること自体は全く問題ありません。

もちろん、経過が良好で、お医者様から安静等の指示が出ていない事が前提ですが、遊園地内で

  • イルミネーションやショーを楽しむ
  • 景色を見ながら食事を楽しむ
  • 園内を散歩する
  • グッジョバ!!のワークショップに参加する

といったことをするのは全く問題ありません。

妊娠中だって気晴らしは必要です。

たまにはちょっと足を伸ばして、非日常を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか?

よみうりランドで妊婦でも乗車できるアトラクション

  • 妊娠中だって出来ればアトラクションも楽しみたい
  • 上の子にママと一緒に乗りたいとせがまれる

というようなこともあると思います。

しかし、妊娠中でも乗れるアトラクションは、そう多くはありません。

よみうりランドの場合、妊娠中の方の利用が出来ないアトラクションには、

乗車口付近にある案内板に下のような記載があります。

わんわんコースターわんデット看板わんわんコースターわんデット看板

44機種全てチェックしてみましたが、「妊娠中のご利用は出来ません」という表記が無かった機種は以下8種だけでした。

  • メリーゴーランドドッグ
  • アニマルレスキュー
  • 大観覧車
  • わんぱく鉄道オリヴァー
  • ジュラシックカー
  • お化け屋敷~ひゅ~どろ~
  • アシカショー
  • ひらめキッズ

※2018年12月現在の情報です。

娘2人を妊娠・出産した立場として、

実際によみうりランドの全てのアトラクションに乗車経験がある身として、

ちょっと厳しめなラインを設けているなと個人的には感じました。

しかし、お客さん側に不備があった場合にも、遊園地側の過失があるかのように報道する昨今の事情(※1)を考えると、これも時代の流れとして仕方ないのかな?と感じます。

実際、普段は安全なアトラクションでも、万一緊急停止などになれば、体に大きく負担がかかることもあります。

上の子に「ママと一緒が良かった~」なんて泣かれてしまったら心が痛みますが、

お腹の赤ちゃんやお母さんの安全を考えて、「赤ちゃんが生まれてからのお楽しみにしようね」と説得してあげましょう。

※1⇒USJなどでは、度々乗客の荷物の持ち込みなどによる緊急停止が発生するそうですが、「宙づり」「危険」などと遊園地側に過失があるような過激な言葉で報道するメディアがあるようです。(参考:【悲報】USJフライングダイナソーが止まった!理由は?逆さ宙吊り可哀想すぎる…)

妊娠中に遊園地へ行く時の注意点

妊娠中は、普段より疲れやすかったり、体のバランスが取りずらかったりなど、普段とは違うことが多いものです。

「妊娠中に遊園地へ行くなら、こんなことに気を付けると安心だよ」というものをいくつかあげておきたいと思います。

出来るだけ周囲に頼れる環境を作って行くようにする

特に低年齢のお子さんを連れて行かれる場合、ほとんどのアトラクションで付き添いが必要となります。

旦那さんやご両親、親子遠足ならママ友さんなど、周囲に協力をお願いしましょう。

妊娠中に普段行き慣れない場所へ行くと、思った以上に疲れてしまうという可能性もあります。

出来ることなら、全面的にお子さんを任せて、自分は休憩していられるくらいの信頼関係のある相手だと心強いですね。

禁止されていなくても不安に思うアトラクション等は避ける

妊娠中は、色々なことが普段通りにとはいかなくなります。

遊子は、下の子を妊娠中に別の遊園地へ行ったのですが、その遊園地はよみうりランド程妊娠中利用制限が厳しくなかったんですね。

上の娘に「一緒に乗ろう」と言われて、足元が少し不安定になるようなアトラクションに乗車したんです。

特に妊娠中の乗車は規制されていませんでしたし(私が見落としたのでなければ)、乗車経験もあったので、大丈夫だろうと思っていたのです。

しかし、実際体験してみると、アトラクションに乗車している2~3分の間、何とも言えない恐怖と戦うことになりました(;^_^A

もちろん、そのことが直ちに赤ちゃんや母体に悪影響になるということはありません。

本当に落ちるなんていうことも、ほぼあり得ないでしょう。

でも何より、遊園地のアトラクションにそんな怖い思いをしてまで乗るものでは無いですね。

お腹にもう1つの命を抱えているということで、普段なら恐怖を感じないものでも感じてしまうこともあるようです。

妊娠中の乗車が規制されていないアトラクションでも、少しでも「不安だな」とか「酔ってしまいそうだな」と思ったら、無理をしないようにしましょう。

疲れた時には休憩を

妊娠中に遊園地に行く場合は、普段より多めに休憩を取りましょう。

よみうりランドは、丘の上にある遊園地ですので、坂になっている部分も多いです。

少しでも「疲れたな」「お腹が張ってる気がするな」と思ったら、椅子などに座って休むようにしましょう。

感染症等には気を付ける

遊園地は、多くの人が集まる場所です。

人の集まる場所では、感染症等にかかるリスクも上がってしまう可能性があります。

特に、混雑日や、人気イベント開催時などは、人と人との距離が非常に近くなることもあります。

感染症リスクを出来る限り少なくするには

  • マスク等を着用する
  • 出来る限り混雑する日程を避ける
  • なるべくインフルエンザ等流行る時期を避ける

などの対策をすると、安心感が増しますね。

よみうりランドが混雑する日程や時期などについては下記の記事をご参照ください。

終わりに~赤ちゃんと自分を大事に思う気持ちさえあれば大丈夫~

お腹の赤ちゃん

妊娠中に遊園地へ行く際の楽しみ方や注意点についてまとめてみました。

色々書きましたが、かかりつけのお医者様の指示を良く聞き、お腹の赤ちゃんと自分を大切にさえしていれば、何も問題になるようなことは無いと思うのです。

私も経験があるのですが、妊婦が出かけたり遊んだりしていると、

大して妊娠に対する知識の無い人に「そんなことして大丈夫なの?」と言われたり、

妊娠経過が良くなかった(早産傾向など)知人の話を引き合いに出して「大人しくしてた方が。。。」なんて言ってくる人が居ます。

それらを言ってくる方は親切心かも知れませんが、気にする必要はありません。

実際にお腹に命を宿して、産婦人科に通院しているあなたなら、その方々よりも妊娠に関する正しい知識を持っているはずです。

お医者様の言ったことはきちんと守るべきですが、必要以上に周りの目をして行動に制限掛けたりせず、楽しい妊婦生活を送ってくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

よみうりランドに関するあなたのエピソードや、質問・この記事の感想などを募集しています。
ご意見箱またはこの記事の下にあるコメント欄よりご連絡ください(#^^#)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です